fc2ブログ

《レシピ》茄子の洋風揚げ浸し ホワイトバルサミコ風味★★

金曜日の夜に初めて職場の方たちとオンライン飲み会をしてみました。

仕事でずーっとオンライン会議をしているので、仕事が終わってからもオンライン・・・というのはあえて避けてきた部分もあるのですが、意外と(?)楽しいひとときでした。

やっぱり話すタイミングを見計らうのがちょっと難しかったり、Wi-Fiの調子が悪い方は会話にタイムラグがあったりで、顔を合わせてする会話と同じようにはいかないけれど、なかなか面白かったです。

でもやっぱり、顔を合わせての食事の楽しさが恋しいかな~・・・。

早くみんなが安心して、お気に入りのお店で好きなものをうんと頼んで、気の置けない仲間とわいわい食事できるようになるといいなぁ



さて、先日「JA全農とちぎ×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画としてモニタープレゼントでいただいた栃木県産のなすを使った焼き茄子と雲丹のポタージュをご紹介させていただきました。

今回は、定番の茄子の揚げ浸しを洋風にアレンジした、ホワイトバルサミコ酢のマリネをご紹介します。

Eggplants & Cherry Tomatoes with White Balsamic Marinade 茄子とトマトのホワイトバルサミコ酢マリネ

茄子の洋風揚げ浸し ホワイトバルサミコ風味

ホワイトバルサミコ酢についてのご紹介は、こちらの彩りトマトのマリネ ホワイトバルサミコ風味をご覧ください。

端的に言えば、まろやかで旨味のある美味しいお酢なのです


この機会に、ぜひホワイトバルサミコ酢を手にとってみてください

作り方は基本的にはとても簡単なのですが、揚げ浸しということで素揚げの工程が入ります。

揚げ物を家でやるのはちょっと億劫・・・という気持ちもとてもよく分かりますので、難易度は★2つとしておきました。

Eggplants & Cherry Tomatoes with White Balsamic Marinade 茄子とトマトのホワイトバルサミコ酢マリネ


《材料》3人分

栃木県産なす 3本
ミニトマト 8個
茗荷 15~20g(お好みで)
バジル 適量
揚げ油(米油、サラダ油など) 適量

〔マリネ液〕
にんにく 1片
ホワイトバルサミコ酢 大さじ3
はちみつ 15g
レモン果汁 小さじ2
塩麹 大さじ2程度 ※メーカーにより塩分濃度が異なるため、味をみながら量を加減してください。
白だし 小さじ1 ※メーカーにより塩分濃度が異なるため、味をみながら量を加減してください。
塩 ひとつまみ
挽きたて白こしょう
EXVオリーブ油 大さじ2


《作り方》

① マリネ液をつくる。にんにくをみじん切りにしてボウルに入れ、残りの材料を加えて泡立て器でよく混ぜ合わせる。

② 鍋に油を入れて火にかけ、温め始める。

③ 茄子はヘタを落とし、やや大きめの一口大に乱切りする。

④ 油が170℃程度に温まったら、 茄子を数切れ網杓子などに乗せ、そっと油に入れる。表面にこんがりとした揚げ色がつき始めたら取り出し、よく油を切ってから熱いうちに①のマリネ液に加える。この作業を繰り返してすべての茄子を揚げ、マリネ液に加えて優しく和える。

⑤ 粗熱をとり、冷蔵庫で冷やす。

⑥ ミニトマトは四等分のくし切りにする。茗荷は縦半分に切り、さらに繊維に逆らって薄切りにする。

⑦ 茄子がしっかり冷えたら⑥を加えて和え、器に盛りつける。最後にバジルをあしらう(大きいサイズの葉はせん切りまたは粗みじん切りにする。)。


《解説》

◆ にんにくのみじん切りはガーリックプレス(ガーリッククラッシャー)があるととても便利です。私が使用しているのはRosleのガーリックプレスで、網目の部分が可動式なので、掃除がとても楽でおすすめです。グリップの太さもちょうど良く、握りやすいです。お値段が張るのが少々難点ではありますが、このタイプのプレスの中では一番使いやすいと思います(ちなみに新型モデルも出ていますが、旧型モデルの方が洗いやすいのでおすすめです。下記商品リンクは旧型のものです)。また、機能性より手入れのしやすさ(洗いやすさ)や収納性を重視するのであれば、シンプルなつくりのものがよいかと思います。



◆ はちみつは、癖のないアカシアがおすすめです。

◆ 今回私は自家製の塩麹を使用していますが、市販のものでも構いません。メーカーによって塩分濃度が異なりますので、お好みで量を調整してください。

◆ 白だしは、希釈して使うタイプを原液のまま計量してください。私はこちらの商品を使用していますが、メーカーによって塩分の強さなどが多少異なりますので、味見をして調整してください。


◆ EXVオリーブ油は香りが重要なアクセントになるので、できるだけ美味しいものを使用してください



◆ 茄子は揚げている間に少し小さくなりますので、完成のイメージよりも大きめに切るようにしてください。

◆ 茄子の場合は火が通るのにそれほど時間はかからないので、高めの温度でさっと揚げた方が油っぽくならずに美味しく食べられます。茄子を油に入れたときにすぐにしっかり気泡が出てくるくらいに油が温まっている状態で揚げてください。

◆ 今回私が使用したバジルは、サラダバジルという商品で、トッピング専用の小さなバジルがパックになったものです。たまたま地元でよく使っているスーパーに置いてありましたが、もちろん普通のバジルでも構いません。大きいサイズの葉を使う場合は、作り方⑦にあるように、切ってお使いください。

2020 08 16_4854

茄子とトマトとバジルの組み合わせは、イタリアンでもよく見かける鉄板の味です

夏にぴったりの前菜ですので、よかったらお試しください♪



関連記事

0 Comments

Leave a comment