fc2ブログ

《レシピ》焼豚ときゅうりのピリ辛和え★

先日レシピブログのモニターコラボ企画としていただいたモニタープレゼントの宮崎県産へべすときゅうりを使い、鯛ときゅうりの生姜醤油和えをご紹介しましたが、今回は焼豚ときゅうりで新たな一品をご紹介。

2020 09 10_5028sg

以前ご紹介した自家製中華風焼豚のアレンジメニューになります。

今回は、焼豚のタレをドレッシングに活用してみました。

和えるだけの簡単レシピですので、難易度は★1つです。

Roast Pork & Cucumber Tossed Salad with Tangy Chinese Dressing 焼豚ときゅうりのピリ辛和え

焼豚ときゅうりのピリ辛和え


《材料》3~4人分

自家製中華風焼豚 150g
きゅうり 2本
立塩 300~400ml程度 ※ 下準備欄参照
糸唐辛子 適量
食べるラー油 お好みで

〔ドレッシング〕
焼豚のタレ 大さじ1 ※ 下準備欄参照
酢 小さじ2
ごま油 小さじ2
ラー油 小さじ1/2
にんにくのすりおろし 1/2片分(3~4g程度)


《下準備》

◆ 立塩を用意する。水に3%の塩を加えて溶かし混ぜる。
◆ 自家製中華風焼豚で豚肉を漬け込んだタレを一度火にかけてしっかり沸かし、茶漉しで漉す。そこから大さじ1を計量する。


《作り方》

① きゅうりは縦に4枚にスライスし(まず縦半分に切り、断面を下にして置き、包丁を寝かせて厚みを半分にへぐ。)、さらに5mm幅で斜め切りにし、5~6cm長さの細切りにする。
P1260329.jpg P1260333.jpg

② きゅうりを立塩に30分漬ける。

③ 焼豚はきゅうりより少し太い7mm幅、5~6cm長さの細切りにする。

④ ボウルにドレッシングの材料を混ぜ合わせる。

⑤ きゅうりの水気を切り、手で絞って余分な水分を出し、さらにペーパータオルで押さえてしっかり水気をとる。

⑥ ④のボウルに焼豚ときゅうりを加えて和える。

⑦ 器に山高に盛りつけ、糸唐辛子を添える。お好みで食べるラー油をかける。


《解説》

◆ 立塩は日本料理の調理用語で、海水程度の塩気の水を指します。 生の野菜に下味をつけながらしんなりさせたいときによく使われます。

◆ 和え物を美味しくつくるポイントは、食材の水気をしっかり切ることです。そうすることで、和え衣や調味料が材料にしっかりからみます。逆に、材料に水分がついていると、和え衣や調味料が薄まってしまい、たくさんの量で和えなければ味がつかず、水っぽい仕上がりになってしまいます。丁寧に水気をとることに気をつけてみてください

◆ 糸唐辛子は中華調味料のスパイスコーナーに見かけますが、置いていないお店も多いかもしれません。味というよりは彩りとして添えているので、お手元になければ省いていただいて構いません。ただ、丼やパスタなどのトッピングにも使用できるので、ひとつあると便利ですよ


◆ 食べるラー油はいろんなメーカーから出ていますので、お好みのものをお使いください。スーパーなどで一番手に入りやすいのは桃屋の商品かと思います。私も今回はこちらを使用しています。



Roast Pork & Cucumber Tossed Salad with Tangy Chinese Dressing 焼豚ときゅうりのピリ辛和え

こちらもお酒のおつまみにぴったりですよ


関連記事

0 Comments

Leave a comment