fc2ブログ

京都・大阪・奈良の旅④ ~岩崎龍二さんのアトリエ~

京都で2日間を過ごしたあと、3日目は、大阪の富田林市に向かいました。

実は、以前から気になっていた陶芸家の方のアトリエがあり、お邪魔させていただくことになっていたのです。

その方とは、岩崎龍二さん。

大阪を拠点にされていますが、いまとても人気のある作家さんで、都内でもいくつか取扱店舗があります。

岩崎さんご本人にご連絡させていただき、都内でも特に作品の取扱点数が多いお店をお伺いしたところ、六本木ミッドタウンのWISE・WISE toolsか、蔵前のprotoが比較的多く作品を置いていると教えていただきました。

そして、実際に足を運んでみたのですが、やはり人気の作家さんなので、在庫は少なく・・・。

いつもInstagramでたくさんの素敵な作品を拝見しているので、もっといろいろ手に取って見てみたかったなぁ・・・と思っていたのでした。

そんなとき、関西に旅行に行くことになり、大阪のアトリエにお邪魔させていただけないだろうか・・・と思い立ち、ご連絡させていただいたのです。

数日前の問い合わせだったにもかかわらず、快諾してくださり、念願叶ってアトリエにお伺いすることができました。

ご自宅兼アトリエとのことでしたが、とっても素敵なお宅でした!

そして、奥様とご一緒に温かく迎えてくださり、いろいろと作品を見せていただくことができました





まずは、小皿。

基本的に自宅にある食器は西洋料理や洋菓子向けのものばかりなので、和菓子に使えるお皿をもっと増やしたいなぁと思っていたので、淡い色の小皿を2枚選んでみました。

どちらも手のひらサイズです。

2020 11 11_5838

そして、似た色合いの小ぶりな鉢も購入。

2020 11 11_5837

こちらも手のひらくらいのサイズ感。

これくらいのサイズって、ちょっとした前菜やデザートを盛りつけるときに便利なんですよね。

深さがあるので、汁気のある食べ物でも綺麗に盛れるし。

平らなお皿だと何だか様にならないなー・・・というときでも、深さがあると上手くまとまることがよくあります。

続いてエメラルドグリーンが美しいこちらのお皿。

2020 11 11_5848

これも、写真では少しわかりにくいですが、緩やかに縁が上がっているやや深みのあるお皿です。

最後は、渋めの色合いだけれどもなんだか温かみのあるこちらのお皿。

2020 11 11_5852

こちらはほとんど深さはありません。

メインを盛りつけるのにとても良さそうな色とサイズ感です。

2020 11 11_5853

見ていて惚れ惚れする美しいお皿たち・・・!

しかしながら、私はコレクターではないので、飾るのではなく、しっかり使わせていただきます。

このお皿たちの活躍は、またいずれご紹介させていただきますね


~つづく~

関連記事

0 Comments

Leave a comment