fc2ブログ

《レシピ》きのことモッツァレラのフレンチトーストサンド★

先日、「JA全農岐阜×レシピブログ」モニターコラボ企画岐阜県産菌床しいたけ「飛騨・美濃やまっこ」をいただきました。

2021 01 14_6169-1

こちら、実際にいただいたその「飛騨・美濃やまっこ」ですが、とっても肉厚でした

今回、そのしいたけを使ってつくってみたのはフレンチトーストサンド。

フレンチトーストで具材を挟んでサンドイッチにしてみたのです。

Mushroom and Mozzarella French Toast Sandwich きのことモッツァレラのフレンチトーストサンド

きのことモッツァレラのフレンチトーストサンド

しっかりアパレイユ(卵液)を染み込ませるのでふわっふわに仕上がります。

ピクニックのサンドイッチのように手でつまんで・・・というわけにはいかないですが、ぜひナイフとフォークでこのふわふわのフレンチトーストサンドを楽しんでみてください

難易度は★1つです。

Mushroom and Mozzarella French Toast Sandwich きのことモッツァレラのフレンチトーストサンド


《材料》2人分

6枚切の食パン 4枚
モッツァレラチーズ 5mm厚のスライス2枚 ※シュレッドチーズ、スライスチーズなどで代用可
有塩バター、オリーブ油 各適量(合計大さじ1程度)

〔アパレイユ〕
卵 2個
塩 小さじ1/2
挽きたて黒こしょう 少々
牛乳 80g
生クリーム 50g

〔きのこのソテー〕
岐阜県産しいたけ(またはマッシュルームなどお好みのきのこ) 120g
にんにく 1/2片
オリーブ油 大さじ1
塩 ふたつまみ
白ワイン酢 大さじ1
ハーブのみじん切り 小さじ2 ※タイム、ディル、パセリ、バジル、ローズマリーなどお好みで
糸唐辛子 適量
挽きたて黒こしょう 適量


《下準備》

◆ 食パンは耳を切り落とす。
◆ モッツァレラチーズは、食パンの大きさに合わせてなるべく断面が大きくなるようにスライスする。
◆ 椎茸は笠と軸を切り分け、笠は5mm厚程度の薄切りにし、軸は3mm厚程度の小口切りにする。
◆ にんにくはみじん切りにする。


《作り方》

① アパレイユをつくる。卵、塩、黒こしょう、牛乳をハンドブレンダーで撹拌し、最後に生クリームを加える。
   ※ハンドブレンダーがない場合は、フォークや箸などでしっかりコシを切ること。

② バットやタッパーなどの容器に①のアパレイユの半量を流し、食パンを並べる。残りのアパレイユを上からかけ、ラップ(または蓋など)をして冷蔵庫に入れる。時折上下を返しながら、アパレイユが食パンに浸透するまで1時間以上おく。

③ きのこのソテーをつくる。にんにくとオリーブ油を弱火にかけ、にんにくから気泡と香りが出てたら強めの中火にし、しいたけと塩を加えてしんなりするまで炒める。白ワイン酢を加え、水分を飛ばしながらさらに炒める。最後にハーブ、糸唐辛子、黒こしょうを加えてさっと炒め合わせる。

④ ②の食パン2枚の上に③のきのこのソテーを均等に広げ、モッツァレラチーズを乗せる。残りの食パンを重ねてサンドイッチにする。

⑤ フッ素樹脂加工のフライパンにバターとオリーブ油を同量程度ずつ入れ、弱火にかける。バターが溶けたらパンを入れ、蓋をして弱火でじっくりと片面6分ずつ焼く。

⑥ ペーパータオルの上に取り出して余分な油を取り、それぞれ対角線上に半分にカットする。

P1260905.jpg



《解説》

◆ 糸唐辛子は中華調味料のスパイスコーナーに見かけますが、置いていないお店も多いかもしれません。その場合は、輪切り唐辛子で代用していただいて大丈夫ですが、糸唐辛子は麺料理和え物などのトッピングにも使用できるので、ひとつあると便利ですよ


◆ アパレイユは、しっかり卵のコシを切るとパンに染み込みやすくなるので、ハンドブレンダーで撹拌するのがおすすめですが、ない場合はフォークや箸などでしっかりコシを切ってください。


◆ 卵にはサルモネラ菌が付着していることがあります。フレンチトーストのように卵を割ってからしばらく経った状態で食べるものは、しっかり火を通す必要がありますので、強火で表面だけを焼くのではなく、弱火で蓋をしてじっくりと中まで火を通しましょう。そうすることで、フレンチトースト自体もふっくらと仕上がりますよ

◆ きのこのソテーはガーリックトーストなどに乗せても美味しいです♪

P1260898.jpg

とっても簡単ですので、朝食やランチなどにもぴったりです。

ぜひお試しください






関連記事

0 Comments

Leave a comment