fc2ブログ

《GLUDIA》イトヨリの低温調理、レモンクリームソース、ディルオイルの雫とともに

GWといえば、いつもは温かいイメージですが、今年は度々寒さが舞い戻ってきて、気候が安定しないですね。

私は連休中も仕事があるので、がっつり10連休とはいきませんが、他のお仕事の方も出勤日があると聞いたりしていますので、10日間丸々お休みというわけにはいかない方も多いのかもしれません。

主婦の方だって、旦那さんやお子さんがずっとお家にいるとなったら、逆に忙しいですよね。

とはいえ、なかなか体験することのない10連休。

どこか1日だけでも、なにかひとつだけでも、思い出に残るような時間が過ごせると嬉しいですね。



さて、先日、料理教室の生徒様から今治産のレモンをいただきました。

大人の拳大くらいの、それはそれは立派なレモンで・・・。

せっかく頂戴したので、今回はそのレモンを使って一品つくってみました。

Golden Threadfin Bream with Lemon Cream Sauce and Dill Oil Drops イトヨリの低温調理、レモンクリームソース、ディルオイルの雫とともに

イトヨリの低温調理、レモンクリームソース、ディルオイルの雫とともに



地元に少し高めだけれど質の良い食材を扱っているスーパーがあります。

普段の食事は安いスーパーで買い物をしていますが「この休日は勉強のために何か試作しよう」と決めたときは、その高級スーパーをよく利用しています。

特に何をつくるとは決めずに「今日はどんな食材が置いているかな」と店内を歩き、目に留まったもので試作することが多いです。

今回は、とても綺麗な色の縞模様をもつイトヨリを手に取りました。

Golden Threadfin Bream with Lemon Cream Sauce and Dill Oil Drops イトヨリの低温調理、レモンクリームソース、ディルオイルの雫とともに

普段だったらポワレにしますが、今回はこの綺麗な皮の色目を活かしたお皿にしたい・・・と考え、低温調理することに。

またまたGLUDIAの登場です。




まず振り塩をして水分を出し、身を締めて臭みをとり、低温調理にかけます。

最後に皮目を少し炙りたいので、表面の水分を拭き取ります。

綺麗な皮の模様は、加熱後だととても剥がれやすいので、優しく、優しく。

そして表面に油を塗って、バーナーで炙ります。

せっかくの皮の色目が楽しめるように、炙り具合を加減して・・・。

Golden Threadfin Bream with Lemon Cream Sauce and Dill Oil Drops イトヨリの低温調理、レモンクリームソース、ディルオイルの雫とともに

ソースは、残ったイトヨリのあらと香味野菜で簡単にフュメ(★1)をとり、濾して生クリームを加え、ブールマニエ(★2)で濃度をつけ、レモン果汁とレモンの皮のすりおろしをたっぷりと加えます。

フュメやレモンが加わっていることで、クリームソースなのにとてもさっぱりとしていて、お魚にもよく合います。

最後に、ディルの香りを移したオリーブオイルを垂らして味のアクセントに。

イトヨリの美しい皮模様を活かした明るい一皿に仕上がりました。

今回使用した器は、VISTA ALEGREのアトランティスプレート。

ボール状になっていて汁物にも使える、優雅な曲線美の器です。


★1 フュメ・ド・ポワソンの略。フランス料理の魚の出汁です。
★2 室温に戻したバターと小麦粉を同量の割合で混ぜ合わせたもの。ソースにとろみをつけるときに使用します。


関連記事

低温調理

0 Comments

Leave a comment