fc2ブログ

《レシピ》彩りチェリートマトのそうめん、ライムの香り★

先日梅雨入りしてからというもの、すっきりしない天気が多いですが、時折訪れる晴れ間は夏の陽射しそのもの。

だんだんと暑くなるにつれて、食事もさっぱりとしたものを摂りたくなりますよね。

そんなこれからの季節にぴったりのメニューをご紹介します。

Somen Noodle and Colorful Cherry Tomato with Lime Flavored Dashi Sauce  彩りチェリートマトのそうめん、ライムの香り

彩りチェリートマトのそうめん、ライムの香り



ライムの香りがとっても爽やかな、洋風テイストのそうめん。

実は、職場で ”まかない” としてつくったのが最初でした。

同僚がとても気に入ってくれて、「またあのそうめんが食べたいです〜」と言ってくれるので、何度かつくっています。

そうめんは茹で時間が短いので、まかないをパパっと作るには最適なんですよね。

トマトも切って乗せるだけ。

なぜフランス料理をメインとしている職場でそうめんがあったのかと言うと、料理教室の生徒さんからの差し入れだったのです

そんな同僚イチオシのライムそうめん。

レシピとして一応材料は記載しますが、”ライムだし” さえちゃんと作れば、乗せる野菜は家に余っている食材を適当に使っていただければ

難易度は★1つ。

気軽につくってみてくださいね。

Somen Noodle and Colorful Cherry Tomato with Lime Flavored Dashi Sauce  彩りチェリートマトのそうめん、ライムの香り

《材料》2人分

そうめん 150g(3わ)
チェリートマト  8個(様々な色のミックスだと◎)
セルバチコ 適量
食用菊 適量(なくても可)

〔ライムだし〕
冷水 150g
白だし 大さじ3 ※メーカーにより塩分濃度が異なるため、味をみながら量を加減してください。
ライム果汁 大さじ2
ライムの皮のすりおろし 1個分
EXVオリーブ油 大さじ1
ディル 1~2枝分


《下準備》

◆ チェリートマトは縦半割(大きいものは四つ割)に切る。
◆ ディルは茎を除いて葉を摘み、みじん切りにする。


《作り方》

① ボウルにライムだしの材料をすべて混ぜ合わせる。
  ※ 酸っぱいものが苦手な方は、味見をしながらライム果汁の量を調節してください。

② そうめんを茹でてザルにあけ、流水で粗熱をとり、氷水で締めてから水気を切る。

③ そうめんを器に盛り付け、周りにチェリートマトをおく。

④ ①のライムだしをかける。

⑤ トップにセルバチコと食用菊をあしらう。


《解説》

◆ チェリートマトは、湯剥きをすると口当たりがよくなります。レシピ上も湯剥きを入れようかとも思ったのですが、「いや、ちょっと待て・・・そうめんは手軽にパパッとつくれてナンボでしょ!」と思い直し、ただ切るだけにしました。もし手間を惜しみません!という方は、湯剥きをするとさらに美味しくお召し上がりいただけます♪

◆ セルバチコは、「ワイルドルッコラ」とも呼ばれるハーブの一種です。ピリッとした辛味と苦味がルッコラに似ていますが、植物学的には別の種だそうです。ルッコラよりも細くて繊細な見た目ですが、味は「ワイルド」と称されるだけあって、ルッコラよりもパンチが効いています。見た目が可愛いので今回はセルバチコを使用していますが、通常のルッコラでもよいですし、水菜、芽ネギなどをトッピングにしてもよいと思います。

◆ ディルもハーブの一種で、魚介料理によく使用されます。トマトとも相性がよいので今回使用していますが、紫蘇やバジルのせん切りにしてもよいと思います。

◆ 白だしは、希釈して使うタイプを原液のまま計量してください。私はこちらの商品を使用していますが、メーカーによって塩分の強さなどが多少異なりますので、味見をして調整してください。

◆ ライムのすりおろしには、ゼスターがあると便利です。こちら↓は、面白いほどよくすりおろせるので気持ちがいいです。チーズグレーターとしても使えるのでおすすめです。

◆ そうめんを流水で洗う時は、熱いうちに手でベタベタと触ると手の油分や匂いがそうめんに移りやすいので、粗熱がとれるまではなるべく触らないようにしてください。

Lime and Colorful Cherry Tomatoes ライムとチェリートマト

Somen Noodle and Colorful Cherry Tomato with Lime Flavored Dashi Sauce  彩りチェリートマトのそうめん、ライムの香り

今回は、ヨリフネの『名前のない色』企画展で購入した佐野元春さんの器を使用しました。

企画展の名前どおり、表現し難い色ですが、複雑で優しい淡い色が料理を引き立ててくれる、素敵な器です。





関連記事

0 Comments

Leave a comment