fc2ブログ

アールグレイとチョコレートのムース

ここのブログではほうじ茶のスイーツを何度かご紹介してきましたが、実は紅茶スイーツも大好きです。

中でも、紅茶とチョコレートの組み合わせは鉄板。

今回は、そんなゴールデンコンビのお菓子です。

Earl Grey & Chocolate Mousse Cake アールグレイとチョコレートのムース
アールグレイとチョコレートのムース

Earl Grey & Chocolate Mousse Cake アールグレイとチョコレートのムース

アールグレイの香り付けとして使われる「ベルガモット」は、ミカン科の柑橘類。

ということで、今回のトッピングは、オレンジ。

そして、いつものように冷凍庫にストックしてあったマカロン。

あとは、このケーキの土台に使用したダックワーズ生地の余りを使ったミニダックワーズ。

単に生地が余ったから小さく焼いただけなのですが、意外と可愛い・・・。

Earl Grey & Chocolate Mousse Cake アールグレイとチョコレートのムース

毎度のことですが、表面をつやっと仕上げるグラサージュの作業がやっぱり苦手・・・。

綺麗に仕上げなくては・・・!というプレッシャーで、、、微妙に失敗することもしばしば・・・

そんなときは、トッピングでいい感じに誤魔化せば

パティシエにはなれない・・・笑

カットすると、ミルクチョコレートのムース生地の中に、アールグレイ風味のムースとダックワーズ生地が入っています。

Earl Grey & Chocolate Mousse Cake アールグレイとチョコレートのムース



コロナウイルスの状況は日に日に悪化しているように見えます。

いつ終わりが見えるのか誰も分からない状況の中で、飲食業界でも大きな不安を抱えている人は多いと思います。

幸いなことに、私は昨年の転職をきっかけに、大きな組織に加わることとなり、この状況でも安定した勤務環境を与えられています。

昨年転職を決めた際には、まさかこんなことで功を奏すとは思ってもいませんでした。

でも、同じ調理学校でクラスメイトだった人たちの中には、不安定な環境に晒されている人もいます。

個人経営で、営業自粛に踏み切れない店で働いている人は、遠のく客足に対する不安だけではなく、通勤を続けることへの健康的な不安も感じています。

クラスメイトだった子が、通勤中に感染する危険や、そうなったときの職場、お客、家族にかかる迷惑を考えて「給料はいらないので休ませてください。今自分にできることはそれしか思いつかないので。」と話しても、お店側に理解してもらえなかったというツイートを見ると、やりきれない気持ちになりました。

先日、ワイドナショーで国際政治学者の三浦瑠璃さんが「コロナによる死も、経済による死も、同じ死だ」ということをおっしゃっていて、コロナによる影響で経済が停滞することへの強い危機感を述べていて、確かにそのとおりだな、と思いました。

だからこそ、それぞれの経営者が、今どういう選択肢をとるべきなのか、真剣に考えなければいけない状況を迎えています。

それと同時に、従業員が抱える不安にもしっかりと目を向けて欲しいし、その声に真摯に耳を傾けて欲しい・・・と願わずにはいられません。

私自身、完全なリモートワークには切り替わっていないので、週に数日は都内まで通勤しています。

電車に乗っている時間でいうと、片道1時間以上なので、感染の危険性を考えれば決して望ましい環境ではないかもしれません。

ですが、毎朝満員電車に乗っているからこそ、同じ状況に置かれている人が数え切れないほどいるということもよく分かっています。

これでいいのだろうか・・・と疑問を感じながらも、通勤を続けているこの状況・・・。

何が正解なのかは分からないけれど、クラスメイトだった子のツイートを読んでいると、自分が勤めるお店の判断に疑問を感じながら働くのはさぞかし辛いだろうなぁ・・・と。

本当に一日も早く事態が落ち着きますように。

そして、スタッフの安全を預かっている経営者の方には、最善の判断をして欲しいと祈るばかりです。


関連記事

0 Comments

Leave a comment