fc2ブログ

おもてなしのシュトーレン @sel sal sale

職場の近くに素敵なイタリアンレストランがあります。



ディナー営業のみで、シェフのお任せコース一本のお店。

コースのお値段が5,500円と良心的な価格で、皿数も多く、いつか行ってみたいと思っていました。

しかしながら、人気店のため、何度か仕事あがりにふらっと立ち寄ってみては満席で振られ・・・

ショップカードをお財布にしのばせたまま、ずっと機会をうかがっていました。



念願叶って同僚と予約をとって初訪問したのが11月下旬のこと。



いただいたお料理は、日本料理のエッセンスも多く取り入れられていました。

旨みを引き出した優しい味わい。

スタッフの方もとても感じがよく、居心地の良い時間を過ごさせていただきました。



食レポはまた別の機会に書かせていただくことにして・・・

今日はシェフからいただいた心遣いについて書きたいと思います。



カウンターで食事をしながらシェフとも軽くお話をさせていただき

私自身もお店の近くで飲食の仕事をしていることを打ち明けたら

シェフが名刺をくださったので、私も自分の名刺をお渡ししました。

そうこうしていると、ちょうど目の前の厨房に

焼菓子のようなパンのようなものが並べられました。

なんだか甘くていい香り・・・。

つい興味をそそられてじーっと見ていると

シュトーレンを仕込んでいるのだと教えてくださいました。



シェフがご自分で

「これより美味しいシュトーレンに出会ったことがない」

とおっしゃるので

そんなに言うなら食べてみたい・・・!!

となるわけで

即「買いたいです!!」と申し出ました(笑)



するとシェフが

「出来上がったらあげますよ」とさらり。

ん???あげる???

「売ってあげるよ」という意味かしら???

よく分からないままに

シュトーレンが完成したら買いにくるつもりで

その日はお店をあとにしました。



その後、シュトーレンが出来上がったとのことだったので

「購入させてください」とご連絡をしました。

すると、なんとシェフご本人が

私の名刺をみて職場まで持ってきてくださったのです。

それもプレゼントとして。

どうやら、シュトーレンを買いたいと連絡をくれたお客様みなさんに

日頃の感謝を込めてプレゼントなさっているらしいのです。

シュトーレン1

しかしながら

私はまだ一度しか客として伺ったことはありません。

ご近所のよしみにしても気前良すぎないか??!!

嬉しいけれど恐れ多いような。

シュトーレン3

そうしてシェフのご厚意でいただいたシュトーレン。

いったいどんな味なのだろう?!

わくわくしながら1枚、2枚とスライス。

そして口に運んでみると・・・

本当に本当に美味しい・・・!

口の中でバニラ、ナッツ、バターがふわっと香り

風味の素晴らしさに驚きました。

外はサクッと 中はホロッと

食感もやみつきになります。

たしかに今までいただいたシュトーレンの中で一番の美味しさでした。



しかし、まだ一度しか来たことのない客にまでプレゼントしてしまう大胆さとは・・・



最初はただ驚きました。

でもそんなふうに惜しげもなくサービス精神というものを見せられてしまうと、やっぱり嬉しくて。

無性に「このお店とのご縁を大切にしたい」という気持ちになるものです。

実際、12月も1月も予約を入れてしまいました。

もちろん、料理が美味しいというのが前提としてあります。

けれど、美味しいお店がたくさんある中で

「また行きたい」と強く思う引力になるのは

お店の方の心遣いなのだろうと思います。



そうか、こんな経営のやり方もあるんだな・・・と。

飲食業界に携わる者として

目から鱗というか

いろいろと考えさせられました。



シェフが戦略的にシュトーレンを配っているのかはわかりません。

でも「もてなす心」が人を呼ぶのは間違いのないこと。

とても勉強になりました。



本当にごちそうさまでした。

シュトーレン2
sel sal sale
関連記事

クリスマス

0 Comments

Leave a comment