fc2ブログ

《レシピ》自家製中華風焼豚★

この4月にレシピブログさんからネクストフーディストに選任していただきました。

そして先日、就任祝いとしてモニタープレゼントをいただきました。

そこで今回は、そのいただいたモニター商品の中のひとつ、ユウキ食品のオイスターソースを使用して、焼豚をつくってみました。



焼豚、叉焼、チャーシュー・・・いろんな表現がありますが、私たち日本人にとって一番なじみがあるのは、ラーメンのトッピングかもしれませんね。

ラーメン屋さんで提供されるチャーシューは煮込んだものが多いかと思いますが、中国料理ではオーブンの中で吊し焼きにして作ります。

今回は、中華のスパイスを使い、オーブンで仕上げる中華風焼豚にしてみました。

調味料は少し多めですが、手順はとても簡単ですので、難易度は★1つです。

Chinese Five-spice Roast Pork 自家製中華風焼豚

自家製中華風焼豚


《材料》

豚肩ロース肉(ブロック) 400~500g

〔焼豚のタレ〕
砂糖 40g
はちみつ 30g
塩 15g
醤油 15g
オイスターソース 15g
甜麺醤 15g
ピーナッツバター 10g
ごま油 10g
にんにくのすりおろし 5g
玉ねぎのすりおろし 15g
紹興酒 大さじ1
八角 3粒
五香粉 小さじ3/4(約2.5g)


《作り方》

① 豚肉は繊維に沿って3~4cm幅にカットし、2~3本に切り分ける。金串やフォークなどを全体に万遍なく刺して穴をあける。 

② 食品用のジッパーバッグまたはポリ袋などに焼豚のタレの材料を入れ、よく混ぜ合わせる。

③ 豚肉を②に入れ、袋の上から手でよく揉み込み、冷蔵庫で一晩おく。

④ 豚肉を冷蔵庫から出し、タレに漬けたまま30分以上(できれば1時間程度。触ったときにひんやりした冷たさがなくなるくらいが目安。)室温におく。オーブンを180~190℃に予熱する。

⑤ 耐熱トレイにアルミホイルを敷き、足のついた焼き網を乗せ、その上に豚肉を置く。脂身側を上にしてオーブンで15~20分焼く(少し焦げ目がつくくらいが目安。)。

⑥ 豚肉の上下を返し、さらに5~10分焼く。

⑦ オーブンから取り出し、そのまま常温でゆっくりと冷ます。

⑧ 粗熱がとれたら、スライスする。


《解説》

◆ 甜麺醤(テンメンジャン)は中華調味料のひとつです。色の濃い味噌で、少し甘みがあります。八丁味噌に甘みが加わったようなイメージですね。


◆ ピーナッツバターはスムースタイプを使用しています。甘みのついていないものをお選びください。


◆ 紹興酒は中国のお酒です。西洋料理でワインを、日本料理で日本酒を使うように、中国料理では紹興酒をよく使います。スーパーのお酒コーナーでもよく見かけますが、手元にない場合は日本酒で代用していただいても大丈夫です。


◆ 八角はスターアニスとも呼ばれています。スパイスのコーナーや、中華調味料のコーナーなどでよく見かけます。料理だけではなく、お菓子やホットワインに使われたりもします。


◆ 五香粉(ごこうふん、ウーシャンフェン)は、中国の代表的なミックススパイスで、文字通り5つのスパイスがミックスされている・・・ことに由来した名前ですが、実際にはメーカーによってミックスしているスパイスの種類は異なり、5つ以上ミックスしていることも多いと思います。また、欧米でもfive-spice powderとして有名です。現代的な料理では、いろんなジャンルの調理法やフレーバーを融合させることが多いので、西洋料理でもよく見かけます。S&Bやマスコットなど、大手のスパイスメーカーからも出てはいるのですが、なかなか一般的なスーパーでは見かけません。今回のレシピで使用している食材の中では、一番手に入りにくいかもしれません。ただ、やや高級志向のスーパー(紀ノ国屋など)や、中華食材専門店などにはあるかと思いますので、ぜひ探してみてください


◆ 豚肉を漬け込む袋は、食品用として販売されている袋を使用してください。100円ショップなどでも販売されています。



◆ 豚肉を焼成前に室温に戻すのは、お肉をジューシーに焼くためのコツのひとつです。焼豚に限らず、少し厚みのある肉を焼くときは、あらかじめお肉の温度を室温に戻しておくことで、焼いたときに、外に綺麗な焼き目がつくタイミングで中心は柔らかく火が入る状態になります。これが、冷蔵庫から出したてのお肉だと、中心まで冷えてしまっているので、外側がちょうどよく火が通っても中は生だったり、逆に中にちょうど火が入るころには外側は焼きすぎてパサついてしまったりします。ですので、厚みのあるお肉を焼くときは、お肉の温度を室温に戻しておくというポイントを覚えておくとよいですよ♪

◆ 焼成の際、トレイにアルミホイルを敷いておくのは、単に後片付けが楽だからです(笑)焼成中、豚肉からかなりタレが落ちてくるため、トレイに焦げ付くと洗うのが手間になるので、アルミホイルで覆っておくことをおすすめします。

◆ 焼き網は、下に足のついたものを使用してください(写真では見えにくいですが、ちょっぴり足がついています。)。網の上で焼くことで、本来の中華料理での調理法で行う吊し焼きと同じように、タレを乾かしながら焼くことができます。タレが乾いてほんの少し焦げつき始めるくらいが見映えもよく香ばしくて美味しいです。網を使用せずにただアルミホイルの上に乗せて焼くと、落ちてきたタレが下に溜まって、豚肉の下側の面にはなかなか綺麗な焼き色がつかないので、できれば網の使用をおすすめします。

Chinese Five-spice Roast Pork 自家製中華風焼豚

◆ 焼きたての状態でお肉をカットすると肉汁がドバッと流れ出てお肉から抜けてしまうので、粗熱がとれるまでしばらくおいてください。そうすることで、肉汁が落ち着き、スライスしたときにジューシーにいただくことができます。お肉を室温に戻すことがジューシーに焼くためのコツだとすると、焼いたあとのお肉を少し寝かせることがジューシーに食べるためのコツです。焼きたてのものを少しおいてスライスしたものが色味も一番綺麗ですし、美味しいですが、もし冷蔵庫で保存して翌日などに食べたい場合には、スライスせずにそのまま保存し、食べる前にトースターで温めなおし、少し休ませてスライスすると美味しいです。

Chinese Five-spice Roast Pork 自家製中華風焼豚

◆ ラーメンのトッピングにしても、細かく切って炒飯の具材にしてもよいです。また、軽くドレッシングで和えたせん切り野菜などを添えて、そのままおつまみとしていただいても美味しいですよ

Chinese Five-spice Roast Pork 自家製中華風焼豚

調味料さえ揃えられればとても簡単ですので、ぜひお試しください








関連記事

0 Comments

Leave a comment